振袖とは世界一美しい民族衣装です

振袖とはまだ結婚されていない女性の第一礼装であります。紋がついていなくても正式な場に着ていくことができます。一般的には成人式やそのあとの謝恩会、また結婚式への出席、パーティーなどにも着ていくことが可能です。成人式のためにあつらえた振袖で、友達の結婚式への参列も場が華やかになって大変喜ばれます。やはり、日本女性が一番似合う着物ですのでより一層ご自分を美しくしてくれるのではないでしょうか。それでは、振袖が普通の着物と違うのはどこでしょうか。それは、ずばりお袖の長さです。袖の長さも大振袖、中振袖、小振袖と色々ありますが今一般的なのは、最も長い大振袖の振袖で、袖の長さが135CMほどもあります。これはそれぞれの背の高さによって違います。着物は一人一人の体格にあわせておつくりするオーダーメードですので、袖の長さも自分好みにすることができます。また、その袖の長さにぴったり合った長襦袢も必要になってきます。

そして、帯揚げも振袖用の絞りの入ったもの、帯締めも少し派手な色、例えば赤や黄などが若々しくてかわいらしいです。最近は小物は紫でそろえられる方も多いようです。小物の色を自分の好みの色に統一するとバランスがいいですね。草履もかかとが高い布製のものを用意します。帯も振袖用の華やかな柄のものを合わせます。着物姿は帯で決まるといいますから、帯が地味すぎるとせっかくの振り袖姿がはえません。せっかく振袖をきるのですから、少し派手めのものを用意されるといいと思います。また、帯だけはおばあ様やお母様のお下がりでされる方も多いと思いますが、長さだけは確認しておいた方がいいでしょう。帯の長さは通常、袋帯と呼ばれるもので4M20CM以上はあります。しかし、昔のものですとたまに4Mほどしかないものもあります。これは昔の日本人女性が小柄であったため、これぐらいでも大丈夫だったのですが、振袖の変わり結びをするためには、これでは足りません。

特に、最近はたくさんひだをつくったり、リボンをつくったりとより華やかになってきているようですので、せめて4M30CM以上はほしいところです。成人式の当日美容院で振袖のサイズは大丈夫だったけど帯の長さが足りずに帯のアレンジがほとんどできなかったなんてことになったら、悲しいですよね。いずれにせよ、世界で一番美しい民族衣装である振袖を着て、思い残すことのない一日にしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*