娘の振袖を選ぶ母親の気持ちを考えてみる

成人式の時、わたしは初めて振袖を着ました。振袖について憧れがあるようなないような。ただ、振袖は高いというイメージがありました。わたしの実家はあまりお金持ちではなかったので、わたしは成人式にも出ないし、振袖も着ないと言っていました。けれどもわたしの母と祖母は絶対に振袖を着せたかったようです。どんなに家が貧しくとも女の子には成人式に振袖を着せてあげるのが親の役目だと思っていたようです。わたしにとっては本当に有難迷惑だったのですが、母と祖母の気持ちを無視することができず、成人式に振袖を着て出席しました。着ているわたしはあまり何も思わなかったのですが、娘が晴れて成人式を迎えるまで育てることができ、立派な振袖を着せることができたという母親の気持ちはかなり満足させてあげることができたと思うので、高い振袖でしたが、着ることで親孝行になったのではないか、と思っています。あれから20年近く経とうとしています。

わたしにはこどもがいないので、わからないのですが、もし娘がいたとして成人式を迎える時には立派な振袖を買ってあげたいと思うのでしょうか。一回り年上のお友達の娘さんが数年前に成人されました。そのお友達とは着物仲間でよく京都に着物を着て二人でお出かけさせてもらったのですけど、その時の話題は娘さんの成人式の着物のこと。いろんな振袖のお店で試着させてもらって似合う色や素材の振袖をずっと探していたようです。お友達はマダムっていう感じのお金に不自由していない方でしたので、あまりお金に糸目をつけずに振袖を買われるのかな~と思っていました。

ある日、一緒に出かけたリサイクルの着物屋さんで見つけた振袖がとってもかわいかったのです。赤い色のきじに白い絞り、かわいい模様。リサイクルということもあり、お値段もかなりお安め。結局違う振袖に決めることになったのですが、その振袖に一目ぼれし、購入を考えた友達を見て、こんなにお金持ちなのに、金額は関係なく娘さんの似合うもの、かわいいものを着せてあげたいと思われているのだなぁという親心を感じました。やっぱり色は赤!わたしも赤い着物だったことを話すと、「やっぱり親御さんというものは、娘に赤い着物を着せたいと思うものなのよ。」とおっしゃっていました。当時は「ピンクがいい!」と淡い色のほうが好きでよくわがままを言っていたわたしですが、その友達の言葉に、自分の母親と祖母の愛情をさらに感じる機会となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*